10万円キャンペーン

総額10万円‼︎
ナースライフバランス大賞

患者さんとのエピソードを通して、「ナースの私が思う『いい看取られ方』」をテーマに200文字〜1000文字程度で自由に(写真や動画も可)表現して頂き、ナースライフバランス大賞を決定します。大賞賞金5万円を1名様、入賞賞金1万円を4名様、Twitter賞1万円を1名様にご用意しており総額10万円となります。特別審査員と実行委員による厳選なる審査にて受賞者を決定します。難しく考えずに自由に投稿してみてください。

応募テーマ

ナースライフバランス大賞
患者さんとのエピソードを通して~ナースの私が思う、いい看取られ方~

Twitter賞

#最期の自分に一言

応募期間

2019年10月1日~11月10日

賞金

ナースライフバランス大賞 5万円 1名様

入賞 1万円 4名様

Twitter賞         1万円 1名様

その他、協賛企業様による特別賞が増える可能性があります。
ナースライフバランス大賞とTwitter賞にそれぞれ投稿された内容から企業様に選んで頂く形になります。

応募資格

ナースライフバランス大賞 看護師資格があること.

Twitter賞 どなたでもご参加できます.

※看護師資格のある方はTwitter賞にもご参加できます。

参加方法

ナースライフバランス大賞
⑴Twitterアカウントでナースライフバランスをフォローする
(受賞をお知らせする際にDM機能を使うためフォローお願いします)

⑵下記リンクから必要事項を記入して応募する

Twitter賞
⑴Twitterアカウントでナースライフバランスをフォローする
(受賞をお知らせする際にDM機能を使うためフォローお願いします)

⑵「#ナース人生会議」をつけ、ナースライフバランスの固定ツイートを引用リツイートして『ハッシュタグをつけ、『最期の自分に一言』を投稿する。

当選者発表

発表日時 2019年11月20日

当選者の方にはナースライフバランスのTwitterアカウントからDMにて連絡させて頂きます。

選考方法

ナースライフバランス大賞
実行委員による1次審査を通過した5名の中から特別審査員が投票によって大賞と入賞を決定する。

Twitter賞
実行委員による審査。

選考基準

ナースライフバランス大賞
人生会議という内容に相応しく、患者さんから得た学びや経験を広く人々と共有することで看護の質の向上や発展、アドバンスケアプランニングに活かすことができる内容。

Twitter賞
⑴人生会議という内容に相応しく、自身の人生を振り返り、今後の自分の生き方について考えることができたと思われる内容。

⑵いいね、リツイートの数やリプライにて参加者同士が人生会議や生き方などについて深く考えることのきっかけとなった内容

特別審査員紹介

学研メディカル秀潤社 編集 向井直人 様


医療法人社団 焔(ほむら) やまと診療所 院長 安井 佑 様



早期緩和ケア大津秀一クリニック 院長 大津 秀一様
茨城県出身。岐阜大学医学部卒業。緩和医療医。日本緩和医療学会
緩和医療専門医、総合内科専門医、がん治療認定医、日本老年医学会専門医、日本消化器病学会専門医、2006年度笹川医学医療研究財団ホスピス緩和ケアドクター養成コース修了。
内科専門研修後、2005年より3年間京都市左京区の日本バプテスト病院ホスピスに勤務したのち、2008年より東京都世田谷区の入院設備のある往診クリニック(在宅療養支援診療所)に勤務し、入院・在宅(往診)双方でがん患者・非がん患者を問わない緩和医療、終末期医療を実践、2010年6月から東邦大学医療センター大森病院緩和ケアセンターに所属し、緩和ケアセンター長を経て、2018年8月より現職。
著書に『間違いだらけの緩和薬選び』(中外医学社)、『世界イチ簡単な緩和医療の本』(総合医学社)、『誰でもわかる医療用麻薬』(医学書院)、『死ぬときに後悔すること25』(新潮社)、『1分でも長生きする健康術』(光文社)などがある。
最近は緩和ケア医YouTuberのかんわいんちょー(https://youtube.com/c/kanwa)としても活動中。