人生会議とは

「人生会議」とは、アドバンス・ケア・ プランニング(Advance Care Planning)の愛称です。 アドバンス・ケア・プランニングとは、あなたの大切にしていることや望み、どのような医療やケアを望んでいるかについて、自ら考え、また、あなたの信頼する人たちと話し合うことを言います。 あなたの希望や価値観は、あなたの望む生活や医療・ケアを受けるためにとても重要な役割を果たします。 誰でも、いつでも、命に関わる大きな病気やケガをする可能性があります。 命の危険が迫った状態になると約70%の方が、これからの医療やケアなどについて自分で決めたり、人に伝えたりすることができなくなるといわれています。 もしも、あなたがそのような状況になった時、家族などあなたの信頼できる人が「あなたなら、たぶん、こう考えるだろう」とあなたの気持ちを想像しながら、医療・ケアチームと医療やケアについて話合いをすることになります。 その場合にも、あなたの信頼できる人が、あなたの価値観や気持ちをよく知っていることが、重要な助けとなるのです。(出典:人生会議学習サイト:ゼロからはじめる人生会議「もしものとき」について話し合おう)

スピーカー後閑さんからのコメント

大切な人の死の成り立ちが、痛ましければ痛ましいほど、遺されるもののその後の人生に影を落とします。しかし、人は必ず死にます。私たち医療者にできることは、その死の成り立ちを出来るだけ穏やかにすることです。死は悲しいけれども、涙の奥には別れをそれほど悲しめる関係性が築けた「幸せ」が隠されています。これから訪れる多死社会が恐ろしく悲しい時代ではなく、「いい人生だった」「あんな最期いいよね」と言えるような「死とうまく付き合っていく時代」になることを願っています。一緒にそんな時代にしていきましょう!!

企業様の参加はこちらから

協賛